::Diary

本の投稿一覧

あっちの落語、こっちの演劇

 

image

12/7 刊行
早川書房 『悲 劇 喜 劇』という本に
文章を書かせていただきました。
1月号のテーマは「落語と演劇」

『悲劇喜劇』はすごく濃密で読み応えのある書籍だと感じており、今回もそうそうたるメンバーが名を連ねる中..

ずっとブログを読んで下さっていたという早川書房の方からメールが届き、今回の寄稿が叶いました。畏れおおくもありましたが自分の言葉で書かさてもらえたことに感謝😌

父が落語家であったからこそ身近であり遠かった落語について、女優として、落語女優として、落語と演劇について書かせていただいてます。

タイトルは『あっちの落語、こっちの演劇』

よかったらお手にとってみてくださいね。
他の内容もすごく興味深くて私も熟読したいです。
落語に興味ある方や気になった方はぜひ、おうちでゆっくり読んでみてほしぃな〜。

表紙は喬太郎師匠!
落語聴きに行きたいよぅ。

「パン屋の手紙」中村好文 x 神幸紀

image「パン屋の手紙」中村好文 x 神幸紀
読了。あったかい手紙のやりとり。

字から文面から溢れる人柄。

温度が最初から最後まで流れているから心に触れる。住居の大切さ。

そこに生まれる人の生活・空間・時間。
建築家とクライアントを越えた人と人の関係なる層が積み重なっていく様を読み進めながら一緒に体温上がり一気に読み切りました。

中村さんの建築物も見たいし、神さんのパンもいつか食べてみたい。北海道また行きたいなぁ〜。大好きな一冊が増えました。
おすすめ♡

致死量に近い幸福

森見登美彦さん著の、
“夜は短し 歩けよ乙女”

お風呂で半身浴しながら専ら読みましたん。
浴槽内を錦鯉や達磨やあらゆるものが妄想でぷかぷか浮かぶ。
それを誰かに説明するには手段が必要で、伝えるには、

一番いいのは頭の中開けて見てもらえたらいいのだけれど、
なかなかそうもいかず、

想像してもらったところで相手の頭の中は見れないわけで、
いよいよ映像化できればいいのかと想うが そんな技術はもちあわせてなくて、はふん、
となるわけです。

わかるかなー。
見せたいなー。
この世界、
ってことが多々あるますね。

ぐいぐいと♡
読了。

そんな折、あら!

これは中村佑介さんのイラストが施されたエレベーター。
中もかわいいことに!新宿PARCO。
期間限定なんだねーー。

オーシティ


半太さんの最新刊!
オーーーシティーーーー!!!一気に読了。
らすとのど迫力。
きゃーーー!気持ちよかったです!
これも映像になったら面白そう。
きのてぃん・はんたてぃーの、だ。
2もたのしみっ。

扇子と手ぬぐい


落語のマンガ、「落語心中」

平 安寿子「こっちへお入り」

マンガと本も芸の肥やし。

今日は落語の稽古、
ネタ見せ&顔見せでした。

本来の落語の世界なら、師匠をたててお稽古をするのでしょうが、
夏葉亭一門会は、役者が落語をする、というものなので、
各々が個人練習。
4/2日に落語をやらせて頂くのです!

そんな中初めての、合同稽古〜〜。



おや。
一番左の敬三くんが笑っていない。
きっと、、お腹でもすいてたんだな。

お客さんがいて初めて、
わかることがたくさんあるのです〜。
他の演者さんのお噺も聴かせてもらって、
緊張と楽しみがぷく〜っと膨らみました。

私は夏葉亭無花果という名前で高座に上がらせて頂きます。
チケットはありがたいことに4/2の前売りは完売したみたいです!
でも当日券もあるので、ふらっとお時間できたら、
是非いらしてくださいね〜^^

拙い落語ではありますが、
楽しんで帰ってもらえるように、
精一杯努めますよって〜。

いちじく

*****************************************
夏葉亭一門会vol.7

【出演者】
4月2日(火)
19時開演 >>> (※出演順ではありません)
夏葉亭浜木綿【known as 澤田慎司(FUKAIPRODUCE羽衣)】
夏葉亭薊【known as 須貝英(箱庭円舞曲)】
夏葉亭白桃【known as 日栄洋祐(キリンバズウカ)】
夏葉亭雛菊【known as 永島敬三(柿喰う客)】 
夏葉亭無花果【known as 山本真由美】

4月3日(水)
昼の部 >>> (※出演順ではありません)
夏葉亭ザクロ【known as 島岡亮丞】
夏葉亭鳥兜【known as 板橋駿谷(ロロ)】
夏葉亭甘栗【known as 渡邉とかげ(クロムモリブデン)】
夏葉亭雛菊【known as 永島敬三(柿喰う客)】

夜の部 >>> (※出演順ではありません)
夏葉亭空豆【known as 齋藤陽介(ホチキス)】
夏葉亭芙蓉【known as 熊川ふみ(範宙遊泳)】
夏葉亭白桃【known as 日栄洋祐(キリンバズウカ)】
夏葉亭笹の葉【known as 左東広之(演劇集団キャラメルボックス)】

【日時】
2013年4月2日(火)~3日(水)

2日(火) 19時~
3日(水) 昼の部・16時~、夜の部・19時~
※昼の部と夜の部では出演者が異なります。ご注意ください。

【料金】
前売り1000円/当日1200円
※受付開始&開場は開演の30分前

【場所】
王子小劇場
東京都北区王子1-14-4 地下1F
http://www.en-geki.com/

【公式サイト】
http://natsubatei.seesaa.net/

*****************************************